ホルモン剤のプレモンで女性ホルモンを補える

ホルモン剤のプレモンをご存知ですか?女性ホルモンを補うことができます。 - プレモンを服用する上で知っておいて欲しいこと

プレモンを服用する上で知っておいて欲しいこと

最近ではホルモン剤が安価に手に入るようになりました。病院に行く時間がなく、海外輸入などで手軽にホルモン剤を服用している人も少なくありません。
プレモンはどんな人でも服用できるのでしょうか?いいえ、中には服用を禁止されてる人もいます。どんな人が服用を禁止されているのか、症状とその理由をこれからお伝えしましょう。
他にも飲み忘れた時にどうしたらいいかなど、服用の際頭に入れておいて欲しい項目もご紹介しますね。

症状や年齢によって飲み方が違う

平均して一日にプレモンを服用する量は、0.625mgから1.25mgです。0.625mgの場合は、朝と夜など2回に分けて服用します。時間帯や1回に飲む量は、その人の症状によってまちまちです。
お医者さんでは年齢や病気など、個人に合った量を処方してくれます。決められた用量を服用すれば、副作用の心配もありません。万が一を考えてかかりつけのお医者さんを見つけておきましょう。

飲み忘れてしまった時は1回分だけ飲むようにする

プレモンは、毎日続けることで効果を発揮する薬です。もしも飲み忘れてしまった場合は気づいた時にすぐ飲みましょう。但し次の服用時間が近い場合は、そのタイミングまで待ちます。
服用の時間になったら、飲む量は1回分だけにしましょう。間違っても一気に2回分を飲んだりしないでください。ホルモンのバランスが崩れ、健康を害する恐れがあります。
飲み忘れた時の対処法を、前もってお医者さんに聞いてみてもいいでしょう。いざという時に対処法を知っておけば、一度に2回分飲んでしまったなんてこともなくなります。

既往症のある人は服用できないことも

乳がんや乳がんの経験がある人は、プレモンを服用できません。子宮内膜がんやエストロゲン依存腫瘍の人も禁止です。
減ってしまった体内の女性ホルモンを補うのが、プレモンの役割です。上記以外にもホルモンに影響する可能性のある疾患の人、または経験がある人は悪化や再発の危険性があります。
プレモンを服用する際はお医者さんに行き、過去の病気や現在何らかの疾患を抱えている人は、その症状もしっかりと伝えるようにしましょう。

用法用量を守って正しい服用を

いかがでしたか?プレモンを服用する際に注意して欲しいことをお伝えしましたが、参考になりましたでしょうか。
既往症の方や現在疾患をお持ちの方以外にも、サプリや他のホルモン剤を服用している方は、副作用の可能性が上がるかもしれません。
自分がプレモンを飲める体質なのかを確認しましょう。安心して服用するためには、まず専門医に相談してみるといいでしょう。きっとあなたにぴったりの治療法が見つかりますよ。

関連する記事