葬儀後に遺品を供養したい

大切な家族や親戚や友人とは、ずっと一緒に過ごしたいと願う人も多いでしょう。しかし、いつかは別れもやってきます。そんな別れの後には、亡くなられた方か使っていたもの、大切にしていたものが残ります。それが遺品です。
そんな遺品もそのまま残しておくことができればいいのですが、いつまでもそういうわけにもいきません。やはり整理することが必要になります。

遺品整理の方法とは

遺品整理といっても、方法もいろいろとあります。まずは、家族や親戚たちだけで整理します。必要なものや残しておきたいものと、破棄するもの、処分するものに分けていきます。家具類や家電類は大抵は処分となることが多いです。それ以外で思い出の品物や高価なものなどは、残していくことが多いでしょう。独り暮らしでも結構な量となります。家などがある場合にはかなりの手間と時間がかかるでしょう。
自分達でする場合には、家電や家具類などをどうやって破棄するか、不用品回収をどうするかが大変です。
さらに別の方法として、遺品整理業者に頼むことです。遺品整理業者であれば、立ち会いをすれば大切なものは残せますし、家電や家具類なども処分も専門的にできますので安心です。一気に整理も進めることができるので、忙しい人や離れて暮らしている人などにはとてもありがたいでしょう。その代わりに費用もかかります。前もって見積もりをして検討しましょう。
どちらの方法にしても、遺品を整理していくなかで、処分をするのだが、そのまま捨てるのは、気が引けるものもあります。また大切にし低宝こそ、最後もしっかりと整理したいものもでてくるでしょう。
亡くなられた方が大切にしていたもの、たとえば仏壇や神棚、人形、洋服などがあります。
こういった品物は、ただ処分するわけにはいきません。やはり供養をした方が亡くなられた人へのしっかりとした対応や敬意ともいえます。そんな供養も、遺品整理業者は請け負ってくれます。

遺品整理は業者へ依頼しよう

grstrjys
業者は、寺院と提携したり、また依頼をして、こうした品物を供養できるようにしています。方法としては、お坊さんに現地に来てもらい、お経を読んでもらい、そのあと回収して処分をします。個別にやるので、値段は高めとなります。遺品整理サービスとは別に供養の料金がかかると言う仕組みになっています。
あとは、遺品を回収して、他の家族からの遺品と一緒に寺院などでお経を読んでもらったり、炊きあげの形で供養をします。終わったらその報告をして、完了となります。
また、遺品整理業者が回収にいかなくても、連絡をして品物を郵送すればあとは、まとめて供養することもできます。これならば自分達で遺品整理をしたあとでも、供養をすることができます。自分達で寺院などに持っていく手間も省けるので、やり易いと言えるでしょう。
また、遺品の供養を頼む場合、その業者に遺品供養士と呼ばれる資格をもつ人がいれば、その業者はかなり信頼できます。この遺品供養士とは、ここ数年前にできた資格を持つ人のことをいいます。この資格は遺品の取り扱いや廃棄処分など専門的な知識を持っています。試験を受けて合格して、資格を得られます。この資格を持つ人は年々増えていて、葬儀社や遺品整理業者でも資格所有者は増えています、もし、この遺品供養士がいるところを利用すると、その対応にきっと満足できるでしょう。

最後に

子ページでも遺品供養について、紹介しています。亡くなられた方の持ち物についても、ぜひ大切に供養してあげましょう。

全国の遺品整理業者案内
おすすめ業者:遺品整理110番「http://www.tripperclub.com/」

新着情報

◆2016/06/03
葬儀後に遺品を供養したいの情報を更新しました。
◆2016/06/03
遺品整理では供養のやり方も知っておこうの情報を更新しました。
◆2016/06/03
遺品整理で供養はした方がいいのかの情報を更新しました。
◆2016/05/30
当HP運営者情報の情報を更新しました。
◆2016/05/30
遺品整理業者へ依頼するメリットを知るの情報を更新しました。